アナログゲームレビュー【魔法少女 ザ・デュエル】

お疲れ様です。

 

超不定期にやったりやらなかったりする、アナログゲームを主に遊ぶ我々がアナログゲームをレビューする企画です。

今回はFORCE OF WILL株式会社製作のトレーディングカードゲーム魔法少女 ザ・デュエル」、公式略称「まほエル」のレビューですやで。

 

「10/6に怪しげなTCGタイトルが発売されてる…」との情報を得た我々は、その真相を確かめるべく埼玉県の奥地へと向かった。

その夜……。

魔法少女ジャンキーとなり果てた調査隊員の姿が発見されたのだった。

f:id:vavuzain:20171008203657p:plain

極めて雑なプレイ風景写真。

 

 

 

 

 

 

公式曰く、「可愛い・簡単・気持ちいい」をコンセプトとした「究極の癒し系TCGタイトル」だそうです。ここはテストに出ます。

確かにお手軽でルールは覚えやすい部類に入り、TCGプレイヤーであればさくっと馴染めるゲームです。今ならTCGプレイヤーでなくても、「シャドウバース」なんかをプレイされている方でも理解は早いでしょう。

 

マジック・ザ・ギャザリング(MTG)からはじまるいわゆる色系システムで、全てのカードには今のところ必ず1つの色がついています。これを、まほエルでは星になぞらえて呼びます。デュエルマスターズで言うところの「水文明」「光文明」のようなものです。

しかしこれは「黒色=土星」「橙色=太陽」のように設定されており、初見だとやや覚え辛いのでこの記事の中では色で各星を記述します。

f:id:vavuzain:20171008191500p:plain

封印されし記憶がよみがえりそうになった方は思い……出さなくていいです。そういうゲームじゃありません。

 

 

まほエルはかわいくて簡単なゲームなので難しい世界観はありません。

魔法少女たちが在籍する学校があるよ!っていうくらいのもんです。ほんとに。

TCGのプレイヤーは例えば『地球によく似た惑星に降り立った霊体で、その惑星の民を導いて戦う"先導者"』や『精霊に選ばれ、共に戦う"セレクター"』など大体の場合、設定上何かしらの特別な存在であることが多いのですが、まほエルは特にそういうのはありません。魔導師でも決闘者でもポケモンマスターでもなんでもありません。

プレイヤーは50枚で構築されたデッキで気持ちよく遊ぶだけです。デッキには次のカードが入ります。

 

魔法少女カード 魔法少女魂が込められたカード

怪異カード  プレイヤーが操る使い魔

詠唱カード … 魔法だよ

結界カード … 魔法だよ

 

きらきらしてますね。ルールも覚えやすく、カードも可愛らしい。恐らくターゲット層は女児なのでしょう。そのうち日曜日朝なんかにアニメ放映するんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

何をするゲームか

魔法少女が生み出すオド(魔法のエネルギー的なアレだと思います。マナというと想像しやすい)を使って、怪異を呼び出して各プレイヤーが持つオーブを全て穢し、相手プレイヤーにトドメを差した者が勝ちます。

オーブとはどういうものなのか?勝ったり負けたりすると何が起こるのか?と疑問を持ってはいけません。そんな設定はないのです。なぜなら、簡単なゲームだからです。

こういったところが気持ちのいいゲームですね。

 

 

 

 

ここまでまとめると、プレイヤーは「魔法少女の魂が込められたカードを集め、それを戦わせ娯楽に興じる悪い趣味のおじさん」ということで概ね間違っていないと思います。

f:id:vavuzain:20171008193706p:plain

多分こういうこと。

 

 

 

 

 

システム

・オドまわりのあれこれ 

魔法少女カードはMtGで言うところのいわゆる「効果付き土地」カード。各魔法少女は自身の属性のオドを自身のレベルの数だけ生み出す能力と、固有の能力を持っている。固有の能力は大半がレストコスト(オド生み出しとコストが競合する)であるため、効果を使うかオドを生むかの判断が大事。

同名魔法少女は同時に1人しか自身の戦場に存在できない。

魔法少女が既に出ている時、同名でかつレベルが1つ高い魔法少女にレベルアップとして重ねて出すことができる。

魔法少女ゾーンには「手札の任意のカードを裏向きで、無属性の魔法少女として」出すこともできるため、事故が起こりにくい。

 

 

 

 

 

 

ゲーム感

・各色のバランス感が絶妙でかつ、構築の自由度が非常に高い。

・デッキ構築レギュレーションは、同名カードの投入枚数制限のみ。多色を投入してもそこまでヘビーな事故に繋がりにくいため好きにデッキを組めるのが楽しい点。

・バトルの計算が楽で良い。

・コスト管理が奥深い。反面、悩まされる部分でもあるためあれこれ考えるのが嫌いな場合はおすすめし難い。

・自身よりも相手が操る魔法少女のテキストを把握することが重要になり、構築自由度も相まってお勉強が必要な側面が強い。

・1弾時点で多様なデッキが組める。

 

橙色 ハンデス・自デッキ破壊&墓地利用(主にサルベージ)

黄色 DM光文明にドロソを持って入信したエルドラ。伝われ。

赤色 パワー型。攻撃力高い。得点力が高いと言う意味ではない。除去もあるよ。

青色 デッキサーチ。多色と組み合わせ前提な感じ。

緑色 ドラゴンとエルフを足したような存在。お前に負けるなら悔いはないさ──!

桃色 コントロール色。わかりやすく強くて器用。

・黒色 大量の虐殺兵器を引き連れてやってきたDM水文明。

 

 

 

 

僕と契約してカードの中に入ってよ!(総評)

楽しい?     :楽しい!

こんな人向け   :オカルティスト

コレクション性  :ぼちぼちやで

システム     :いいね

1弾時点での完成度  :文句なし, 近年サービス開始したTCG作品の中でも秀逸

 

 

 

 

 

 

気になった方や実際のルール等を知りたい方は以下公式ページへどうぞ。

そして、これを見てください。metaタグに埋め込まれた簡単な説明文章が、世界観設定ページより丁寧に世界観を描いているではありませんか。

www.caster-chronicle-tcg.com

 

新リプレイシリーズの始動

お疲れ様です。

 

twitter上でも告知しておりますが、新リプレイ(?)シリーズが始動しております。

CoC、あるいはインセインSCP……テイストな新感覚・ゲーム実況リプレイです。

 

普段は闇に包まれている、メンバーのちょっとした「普段ノリ」をお楽しみいただけます。

新リプレイシリーズ「琴葉姉妹とterrariaリプレイ!」はニコニコ動画youtubeで視聴可能です。

 

www.nicovideo.jp

また、gamersウェブサイトのギャラリーから主にTRPG関連動画で使用されることを想定したVOICEROID立ち絵素材を配布しております。

 

イラスト制作班のささゆみさきが現在お題箱にてお題を受け付けておりますので、そちらも併せて是非ご確認ください。

GR(仮)第二回放送

ご無沙汰しております。

 

一年半の空白期間を経て、TRPG gamersラジオ「GR(仮)」の第二回放送をpodcastにてオンエア致しました。

前回に引き続き、パーソナリティはティッシュ先生ことささゆ、そして舞台俳優のナイスガイ・コンタクト君でお送りしております。

 

全TRPGerに向けた、ゆるっとした内容でお送りしたいと思いましたが、最近のTRPGについてちょろっと…と当サークルで開発を進めております話題の問題作「オールド・オリジン」についての話をしております。

 

この道のプロフェッショナルなコンタクト君に完全依存しておりますので、安定感はあると思います。いや……あるかもしれない。(Og風)

人員の多さが強みの当サークルにおいても希少なスキルの持ち主です。

 

f:id:vavuzain:20170531153935j:plain

 

GR(仮)は以下アドレスか、podcastアプリ上で「GR(仮)」と検索の上ご視聴下さい。

TRPG gamers Radio GR(仮)

TRPG gamers Radio GR(仮)

  • TRPG gamers
  • Games & Hobbies
  • USD 0

 

今後は隔月か月一でお送りできるような体制を準備中でありますので、また次回放送もご期待いただければと思います。

 

それでは、よいTRPGライフを!

 

今年もよろしくおねがいいたします

お疲れ様です。

リプレイの続きもあげんと何やっとんねという声も聞こえてくる気がしますが、動いていないようでガリガリ動いております。

 

現在公開中のリプレイ三作ですが、次回公開は恐らく来年以降になってしまうと思われます。(PEはもしかしたら早いかもしれません)

といいますのも、サークル内で通し5年ほど作成していたタイトルの仕上げ作業に入っているからであります。こちらは来年の初めごろにリリースする予定でバリバリ進めています。

無休で連勤術師して進めても一年いっぱいかかるほどの規模なので、現時点では何とはいえませんがお楽しみくだされば幸いです。

f:id:vavuzain:20170217141349j:plain

 

 

 

Tらじのほうは今年は収録していく予定です。

 

 

さて、今年はTRPG gamersアグレッシブ期間です。

関東地方のTRPGコンベンションがありましたら、ぜひぜひお誘いくださればと思います。

幅広いタイトルに対応したGMを最低1名、場合によっては複数人お出しできますのでtwitterアカウントやメールにてお誘いください。

また、コンベンションの情報もお待ちしております。

関東圏のコンベンションでしたらTPRG gamersウェブサイトで宣伝させていただくこともできます。

 

遅れ馳せながら、今年も宜しくお願い致します。

2016年活動開始

こんばんは。実に195日ぶりにブログを更新します。

kay0iです。

 

2016年、ようやくあったまってきて、サークルの活動も冬眠期から徐々に動きはじめました。

去年は色々と展開するだけ展開したような年だったので、今年はそれらコンテンツを拡充していければと考えております。

ウェブサイト以外でも様々、活動しております。

 

 

TRPG ONLINE様, 小説家になろう様にて「アリアンロッド リプレイPE」が掲載されています。これに関してはもう、一番見やすいページで見てください。是非。

ncode.syosetu.com

 

 

あとはですね、全TRPGer の皆様に向けた情報発信ラジオ「TRPG gamersラジオ GR(仮)」がpodcastにて好評配信中です。

TRPG gamers Radio GR(仮)

TRPG gamers Radio GR(仮)

  • TRPG gamers
  • ゲーム/趣味
  • ¥0

パーソナリティは「レンダリング・ホワイト」の清水君麻呂役のコンタクト君、サク級役のささゆみさき君がつとめます。第一回は自分も少し喋らせていただいてます。

 

 

 さて、来る5/7(土)にはさいたま市浦和にて、なめくじたべぞう様主催のTRPGチャリティーコン、たべコンが開催されます。

詳細はgamersウェブサイトイベントページからどうぞ。

GM募集は4/2までされてるとのことなので、どしどしご応募ください。

 

浦和PARCOで、僕と握手!

f:id:vavuzain:20160326005634p:plain

 

ビギニングアイドル セッションレポートなど

お疲れさまであります。

はやいもので9月ももう終わりに近づき、月の綺麗な時期になってまいりました。

 

今月公開しましたナイトウィザード3rdEditionリプレイ「Vanishment Record」ご好評いただいております。読んでくださった皆様まことにありがとうございます。まだまだ話のさわりであり、今後の展開に目が離せないリプレイでございます。

来月には新アリアンロッド2Eの新リプレイが公開され、11月にはレンダリング・ホワイト第二話が公開予定となっております。年末もgamersのリプレイをぜひぜひ、読んでいって下さいましね!

 

さて、今月のgamersはいつもよりちょっっとだけアツかったです。

一連のリプレイ企画とりあえずの落ち着いたところまで進んだことや、昨日9/27gamers一周年などもあって何かと集まる機会が多かったように感じます。

お疲れ会ということでサークルメンバーで焼き肉なんぞに行ったり。

 

f:id:vavuzain:20150928194326p:plain

メンバー22名中9人が集まってなかなか賑やかでしたが、良さそうな写真があんまりなかったのでコンタクト君とカイト君のツーショットをあげときます。

 

一息ついたところでこれから年末にかけて、熱を入れていきたいところです(主にリプレイ)。

 

 

 

 

 

 

☆セッションレポート 9/27「ビギニングアイドル」

昨日9/27はgamers7周年だったわけですが、話題のTRPGタイトル「ビギニングアイドル」の男性アイドル版「ロードトゥプリンス」を遊んでいました。PC3人でルールブック付属のサンプルシナリオ「星より輝けウルトラノヴァ」をプレイ。

PCは大体こんな感じです。

アイドルマスターこと、男性アイドル好きとサークル内でもっぱらの噂のe-chanがプレイするバーニング系ほのぼのアイドル「ルッソ・オーディン」。

最近はデレステをやっているヤマ・チャンが演じるクール真面目アイドル「錦野アレス」。

こちらもデレステを頑張っているkay0iが演じるほのぼのボクっ子ショタ弟系(26)アイドル「カズキ」。

この超ちぐはぐな三人アイドルユニット「星河一天」がダイスの女神に翻弄されつつお仕事にあたる話になります。

(キャラクターメイクはせっかくなので全部ダイスで決めました)

 

 

シナリオ開始直後から、謎の黒塗り高級車から飛び出してきた超美青年が薬切れでぶっ倒れたところに出くわす駆け出しアイドル星河一天の面々。アイドルマニアなアレスと、なんだかんだテレビは観る派のルッソは、このヤクをキメてる感じの美青年が有名作曲家の「レオン」だと気が付く。カズキにはさっぱり分からなかった。

車の中からヤクを探し出してレオンを助けるルッソ。レオンは星河一天に名刺を渡してハイになって去っていく。

 

 

ドラマパート。そんな出来事はすぐ忘れて、日々の仕事の打ち込む星河一天の面々。

雑誌の写真撮影や演劇、音楽からテレビ活動まで幅広くこなす駆け出しアイドル達。出目が微妙なカズキには仕事は来ない。

彼らの所属する「王子プロダクション」にテレビの特番出演の依頼が来る。

 

GM「アレスのシーンだ。パートナーを決めてくれ。ちなみに、先に言っておくけれど選んだパートナーの"好きな物"に関する特番になる」

アレス「二人とも、好きな物は?」

ルッソ「大根」

カズキ「キャベツ」

アレス「」

(※注 好きな物も全部ダイスロールで決めました)

 

順調に活躍する星河一天の面々は、奇しくも次回のステージのメイン楽曲の作曲家である「レオン」の屋敷に招かれる。

 

一同「よっしゃ!スランプ治したるわ!」

門衛「申し訳ございませんが、【ボイス】が3未満の方はお帰りください」

ルッソ「」(ボイス2)

カズキ「」(ボイス2)

アレス「……行ってくる」(ボイス4)

 

レオンの前でミラクルなパフォーマンスを披露し、彼の作曲センスを存分に引き出したアレス。レオンは感激し、プロとしてはどうかと思うが、アレスに作詞を依頼した。

(システム的に)サビの1フレーズなら、と引き受けるアレス。彼の頭の中から生まれた歌詞、それは「水着が!」という歌詞だった。(※ダイスロールの結果です)

GM「じゃあPC達で作った歌詞を組み合わせてサビのフレーズを作ってください」

 

>>> 水着が! <<<

 

有名作曲家レオンが作り出した曲「ウルトラノヴァ」が無事に完成し、初ライブに挑む星河一天。門の前でお留守番してた二人とアレスが合流し、ステージの衣装を選びに行く。

皆でワイワイとステージ衣装を決めた結果、「Princess Guardian」という騎士風デザインの衣装に決定。プロデューサーは致命的なダサさと曲名と歌詞とのちぐはぐさを感じて冷や汗を流していた。

 

いよいよライブ当日。

無難に自己紹介からカバーソングの演目を終え、続くミニドラマの演目でステージに立ったカズキが持ち前の演技力のなさで観客をイラつかせる!

幕間で一息つき、息の合ったダンスを披露する星河一天に観客はそこそこ盛り上がる。そして、最終演目に向けてなぜかカズキだけ衣装が変わるとのことで、早着替えに挑むも大コケ! 観客を30分以上待たせて大ブーイング。

その間を取り持ったアレスとルッソだが、あまりのプレッシャーにルッソが心神喪失で倒れる!

 

カズキ「大丈夫、ボク達の衣装PrincessGuardianには判定に成功すればメンタル0のデメリットを打ち消す効果がある!……失敗!」

アレス「……失敗」

ルッソ「ア”ア”-------!」

 

そして最終演目「ウルトラノヴァ」の披露には衣装ちぐはぐ、メンバー2人で挑むことに。

 

カズキ「いくよ──」

アレス「歌は任せろ」

カズキ&アレス「失敗!」

プロデューサー「ア”ア”----!!!!」

 

「水着が!」の歌詞にドン引きした観客たちが次々と帰っていく。

今世紀最大級に失敗したライブのひどさに、星河一天の面々が楽屋でお葬式ムードで反省会をしているところに、プロデューサーが入ってくる。

 

プロデューサー「いいステージだった。成功だ!」(ルール的に動員数は満たしていた)

一同「なんでやねん!」

 

 

後日、王子プロダクションにレオンから手紙が届く。

「君たちの歌声はよかった。また一緒に曲を作ろう」

星河一天の面々は、その手紙を無言でゴミ箱へ放り投げた。

 

 

 

ビギニングアイドル、最高に面白いゲームですね。

大変お手軽なので、ちょっと気になっている方は思い切って初めてみるのが吉かもしれませぬ!

 

kay0i

 

Vanishment Record公開(!?)

お疲れさまであります。

 

内部的に本日あたりを公開予定としていたナイトウィザード3rdリプレイ「VanishmentRecord」ですが、諸事情でリリースを日曜夜くらいまで遅らせることとなりました。

 

 

kay0i「よし、あとデータ入れてリリース。いけるね?」

P「ルルブください」

kay0i「……ないね。一体どこにいったんだろう」

P「ティッシュ宅に置いてきたってのが見える」

kay0i「それだ。これがオフラインセッションの弱さだ」

P「……計算を間違えたかね」

 

 

手元にルールブックがないのでいったん作業ストップして別のお仕事をする執筆陣の昼下がりでした。

 

あと、詳しくはリリース後ですがVRの公開記念キャンペーンはやっぱりやります。

お楽しみに!

 

kay0i